年の残り 電子書籍 ブックライブ おトク セール


BookLive「ブックライブ」の年の残り無料試し読みコーナー


69歳の病院長が最近しきりに思うのは、遠い若き日々と自らの老い、そして死んでしまった友人知人たち。患者の少年を診るにつけ、その昔縁談のあった少年の美貌の伯母を思い出す。死が淡く濃く支配する、人生の年輪が刻み込んだ不可知の世界を、丸谷才一ならではの巧緻きわまりない小説作法と仄かなユーモアで描き出す、第59回芥川賞受賞作の表題作。他に、「川のない街で」「男ざかり」「思想と無思想の間」の佳作三篇を収録。いずれも小説の醍醐味を味わえる、珠玉の短篇集。
続きはコチラ



年の残り無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


年の残り「公式」はコチラから



年の残り


>>>年の残りの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)年の残りの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は年の残りを取り揃えています。年の残りBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると年の残りは530円で購入することができて、年の残りを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで年の残りを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)年の残りを勧める理由


1カ月分の固定料金を払ってしまえば、色々な書籍を制限なく読むことができるという読み放題プランが電子書籍で人気となっています。1巻ずつ買わなくても済むのが最大の特徴と言えるでしょう。
「小さなスマホの画面では読みにくいということはないのか?」という様に不安視する人がいることも把握していますが、現実の上でBookLive年の残りを買ってスマホで読んでみると、その利便性に驚く人が多いのです。
スマホを操作して電子書籍を手に入れれば、移動中や休憩時間など、場所に関係なく読めます。立ち読みもできてしまうので、書店まで足を運ぶ必要など皆無です。
簡単にDLして読むことができるのが、無料電子書籍が支持されている理由です。店舗まで出向いて行く必要も、インターネットで申し込んだ書籍を送ってもらう必要もないのです。
趣味が漫画を読むことだというのを秘密裏にしておきたいと言う人が、昨今増えていると言われます。室内には漫画は置けないとおっしゃる方でも、BookLive年の残りの中だけであれば人に内緒のままで漫画が読みたい放題です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





年の残りの詳細
                   
作品名 年の残り
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
年の残りジャンル 本・雑誌・コミック
年の残り詳細 年の残り(コチラクリック)
年の残り価格(税込) 530円
獲得Tポイント 年の残り(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)