Line 電子書籍 ブックライブ おトク セール


BookLive「ブックライブ」のLine無料試し読みコーナー


日向舞(ひなた・まい)13歳。同級生の勇心(いさみ)に、初めての恋をしました。近づきたいのに素直になれない。せつなくて、苦しくて、でもやっぱり好きで……。大ヒットケータイ小説『天使がくれたもの』の原点、舞の中学時代の初恋を描いたサイド・スイトーリー。これを読めば、『天使がくれたもの』がもっと好きになる!
続きはコチラ



Line無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Line「公式」はコチラから



Line


>>>Lineの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Lineの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLineを取り揃えています。LineBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLineは432円で購入することができて、Lineを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLineを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Lineを勧める理由


電子書籍に限っては、あれよあれよという間に料金が高くなっているということがあります。しかしながら読み放題でしたら毎月の支払いが固定なので、いくらDLしようとも料金が跳ね上がることはありません。
「どこのサイト経由で本を買い求めるか?」というのは、それなりに重要な事です。購入代金とかシステムなどに違いがあるので、電子書籍というのは色々比較して決めなければならないと考えています。
カバンなどを持たずに出かけたい男性には、スマホで無料電子書籍が閲覧できるというのは非常に重宝します。荷物の量は増えないのに、ポケットの中に入れて書籍を持ち運ぶことができるわけなのです。
1巻ずつ本屋に立ち寄って買うのは面倒臭いです。そうは言っても、一気買いは外れだったときにお財布へのダメージが大きすぎるでしょう。BookLiveLineは読む分だけ買えるので、失敗する確率も低いと言えます。
「通学時間に電車で漫画を持ち出すのは恥ずかし過ぎる」、そんな人でもスマホのメモリに漫画をDLすれば、人目を意識する必要がなくなると言えます。こうしたところがBookLiveLineの長所です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





Lineの詳細
                   
作品名 Line
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Lineジャンル 本・雑誌・コミック
Line詳細 Line(コチラクリック)
Line価格(税込) 432円
獲得Tポイント Line(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)